うつ病で障害年金をもらうには、2級相当ではいつまで遡及可能か?

You can read this post in 2 minutes.

うつ病で障害年金を申請できる場合がありますが、こうした情報を知らずに、うつ病の療養を続けている人も少なからずいるでしょう。

 

年金は、申請しないともらえないので、後から情報を知った人たちのために、障害年金には遡及請求(そきゅうせいきゅう)できる制度があります。

 

過去にさかのぼって申請する、障害年金の遡及請求について調べてみましょう。

 

いつから請求?いつまで請求?

 

障害年金は、障害認定日以降、申請手続きができます。

うつ病の場合、初診日(うつ病で、最初に医師の診察を受けた日)から1年6ヶ月経過した日が障害認定日となります。

 

そこから障害年金を申請できるわけですが、手続きをしないまま年月が経ってしまった場合、遡及請求(障害認定日請求、以下遡及請求)が可能です。

 

が、障害年金の遡及請求には5年という時効があります。

 

この5年は、障害認定日まで遡及して請求するうちの、過去5年間までが受給できて、それ以前の分は時効となって支給されない、という意味です。

 

初診日と障害認定日

 

遡及請求では、障害認定日が非常に重要な意味を持ちますが、障害認定日を特定するために、初診日もまた、証明しなければなりません。

 

また、障害認定日時点で、障害状態である必要があり、それを、障害認定日時点の診断書(障害認定日から3ヶ月以内)や、申立書で証明する必要もあります。

 

初診日が、それほど過去遠くでない場合は、診断書などの用意は比較的簡単かも知れませんが、すでに何年も経過していたり、初診の病院が閉鎖している場合など、遡及が困難なケースもあるでしょう。

 

かつて私が障害年金を遡及請求した時も、初診日から年月が経過していたことや、複数の病院を受診していたこともあり、診断書の入手に大変苦労しました。

 

結果的には、障害基礎年金2級の支給が決定し、その後の数年間、うつ病がひどかった時期の生活をずいぶん助けてもらいました。

 

後からの障害状態悪化は?

 

では、障害認定日時点の障害状態に比べ、その後に状態が悪化した場合、その時点から障害年金の等級を上げてもらうことは可能なのでしょうか?

 

これは、今までの裁決からは、原則不可能と考えた方が良さそうです。

 

つまり、障害認定日には3級相当だった障害状態が、後に2級相当に悪化していても、2級の年金は請求できず、障害認定日の3級の年金しか受給できない、という意味です。

 

初診日に国民年金に加入していた人は、障害基礎年金の遡及請求ということになりますから、事後悪化していても、障害認定日時点で2級以上の障害に該当していなければ、現在の社会保険審査会では、年金は支給されません。

 

申請が困難な場合

 

診断書が入手できない、障害認定日時点では3級程度だった障害が事後悪化して2級相当になったなど、独力での年金申請が難しい人の場合、社会保険労務士など、年金申請を代行してくれるプロに相談されることをおすすめします。

 

もちろん、社会保険労務士などに代行を依頼するのは有料ですが、大抵のプロは、受給できた年金の範囲内で料金を請求します。

 

それで、年金の申請を諦める前に、料金も含めて、一度話を聞いてみるのはいかがでしょうか?

 

障害年金は、弱者のための制度です。

 

本当に必要な人に、この制度が行き渡ることを、切に願っています。

 

参考資料 https://www.shougai-navi.com/sp/intro/introdetail.php?id=59

Related post

Comments

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Please select recommend post from post edit page.