うつ病で障害年金を受給するためのコツというか最低限のおさえるべき点とは?

You can read this post in 2 minutes.

うつ病でもひどくなれば、障害年金を受給できることは、わりと知られるようになってきていますが、その手続きは簡単ではありません。

 

うつ病で障害年金を申請するのに、何かコツのようなものがありますか?

 

どんなことに気をつけたらよいでしょうか?

 

うつ病での障害年金申請のコツについて調べてみましょう。

 

申請条件を確認する

 

 

コツというか、まず気をつける点の一つに、障害年金の申請条件をクリアしているか、という重要なものがあります。

 

うつ病の初診日に、いずれかの年金保険に加入していましたか?

 

初診日の前日までの、年金加入期間の3分の2以上、納付または免除の期間がありますか?

 

初診日から、1年6ヶ月以上経過しているでしょうか?

 

うつ病で、一定の障害状態にありますか?

 

障害年金申請には、このような質問に、はいという答えを出せている必要があるのです。

 

年金の加入や納付状況については、年金事務所で正確に確認してもらうことができます。

 

また、障害状態については、うつ病でのかかりつけの医師に聞いてみましょう。

 

ちなみに、うつ病での障害年金の、1級から3級までの定義は以下の通りです。

 

精神障害の定義

1級 

 

「高度の気分、意欲、行動の障害及び高度の思考障害の病相期があり、かつ、これが持続したり、ひんぱんに繰返したりするため、常時の介護が必要なもの」

 

2級 

 

「気分、意欲、行動の障害及び思考障害の病相期があり、かつ、これが持続したり、またはひんぱんに繰返したりするため、日常生活が著しい制限を受けるもの」

 

3級

 

「気分、意欲、行動の障害及び思考障害の病相期があり、その病状は著しくないが、これが持続したりまたは繰返し、労働が制限を受けるもの」

 

こうした、障害状態に当てはまっていることを医師と共に確認するのが、コツの一つと言えるかも知れません。

 

ここで注意を一つ、障害年金3級は、厚生年金か共済年金にしか存在しないので、国民年金加入者は、2級までの状態に当てはまる必要があります。

 

申立書

また、申立書に、障害状態を詳細に記入することも、大事なコツと言えるでしょう。

 

診断書は担当医が書くものですが、申立書は原則本人(本人の記入が難しい場合は代理人)が書きますから、第三者が見て日常生活における障害が、どの程度かわかるようになるべく詳しく書きましょう。

 

当たり前のことですが、うつ病で障害年金を受給するには、うつ病のせいで一定以上の障害状態にある必要がありますから、申立書記入後、家族などに見てもらって、障害の様子が伝わってくるか、書き忘れていることはないか、確かめてもらうのもコツかも知れません。

 

ありのままに詳しく

嘘を書いてはいけませんが、ためらわず普段の状態を書いてください。

 

医師にも、恥ずかしがらずにありのままの生活状況を伝えましょう。

 

うつ病が改善されるまで、障害年金でゆっくり療養することができますように。

 

 

 

Related post

Comments

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Please select recommend post from post edit page.