うつ病で障害年金を受給するためのマニュアルなんてあるの?

You can read this post in 2 minutes.

うつ病で、障害年金の申請をしたくても、経験や知識に自信がなくて、何から取りかかったらよいかもわからない人は少なくないと思います。

 

ネットなどでは、障害年金申請用のマニュアルが案内されたりしていますが、実際問題役に立つのでしょうか?

うつ病での、障害年金申請マニュアルについて調べてみましょう。

 

一発勝負

うつ病での障害年金の申請は、診断書と申立書が特に重要なカギとなります。

 

その二点を持って、日本年金機構が、本人が障害年金年金支給の障害に相当するかどうか、審査するのです。

 

そして、必要とあらば、うつ病の本人の担当医に電話などで問い合わせ、本人の障害状態を確認することもあります。

 

もちろん、決定通知が届いても、60日以内なら決定に対して不服申し立てが可能ですから、例え不支給が決定しても、全てが終わりだというわけではありませんが、不服申し立てによって、決定がくつがえるケースは少ないことを考えると、最初の手続きの重要性がよくわかります。

 

ですので、うつ病の本人が書く申立書の書き方には、十分注意しなければなりません。

 

うつ病での障害状態が伝わるよう、正確に詳しく記入する必要がありますが、何を、どのように書いたらよいかわからないなら、マニュアルにそのヒントを求めてもよいでしょう。

 

どんなマニュアルがよいか?

マニュアルの選び方は、とても気になるところです。

 

有料のものですし、障害年金の受給がかかっているのですから、やはり慎重にならなければなりません。

 

購入前に、ネットなどで、そのマニュアルを調べられるなら、是非とも調べてください。

 

うつ病の本人にとって大変であれば、家族などに頼んでもよいでしょう。

 

単に価格だけではなく、実際にそのマニュアルで障害年金を受給した人の口コミなど、評判を重視してください。

著者が社会保険労務士などであれば、扱った顧客の数や結果、マニュアル購入後も、メールで添削やアドバイスをしてくれるなどのアフターケアがあるかどうかも、確認しておきましょう。

 

いくつかのマニュアルについて調べ、比較検討した上で、一番自分(うつ病の本人)に合うと思われるものを購入してください。

 

当サイトではこちらのマニュアルをおすすめしております。

 

⇒障害年金を受給するための有料マニュアル

 

年金受給を目指して

障害年金を受給するには、必ずしもマニュアルが必須というわけではありません。

 

マニュアルがなくても、自分で申請して支給決定された人もいます。

 

けれど、経験から申し上げて、障害年金の申請は、決して簡単ではないので、不支給のリスクを減らすために、マニュアルを購入することも、ひとつの実際的な方法です。

 

障害年金受給のために、あなたの払う努力が、どうぞ大いに報われますように。

 

 

Related post

Comments

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Please select recommend post from post edit page.